インフルエンザには乾燥緩和とタミフルと粉末薬で対処

非常に寒さ厳しい日本の冬では風邪をひいたり、こじらせて肺炎になる人も少なくありません。また日本の冬は空気が非常に乾燥する傾向にあります。湿度が50パーセントを切ると、インフルエンザウイルスが増殖し、人間を脅かすようになります。そのため日本の冬には様々な感冒症に陥らないために空気の乾燥を抑制し、加湿に努めることが大事です。それには加湿器の活用が良いと言えます。加湿器をすることで湿度を50パーセント以上に維持したり、喉を潤すことができウイルスの侵入や増殖を抑制することができます。加湿器が無い場合は濡れタオルを室内に干すことでも加湿することができます。外出時にはマスクを装着することで喉を潤し、ウイルスの侵入を防御することもできます。またインフルエンザ予防を万全にしたい場合には、予防接種がおすすめです。体にあらかじめ抗体を作ることで、感染リスクを飛躍的に軽減できます。また万が一感染しても抗体があることで症状が比較的軽く済むことがわかっています。自治体によっては子供や高齢者は安く予防接種を受けることができるので問い合わせてみると良いでしょう。こうした予防対策を講じていても、冬に喉の違和感や倦怠感などに見舞われてインフルエンザ感染が疑わしいことがあります。こうした場合にはすぐさま医療機関を訪れて検査をし、インフルエンザの特効薬であるタミフルや粉末薬のリレンザを処方してもらうと良いでしょう。インフルエンザの肺での増殖はタミフルやリレンザと言ったそれに特化した薬でしか増殖を食い止めることができません。リレンザやタミフルを服用すれば次第に肺での増殖が緩和され、熱や関節痛などの症状が和らいできます。最近では持病のある人や高齢者が、感染予防策としてあらかじめ粉末薬のリレンザを吸入することがあります。肺に薬を充満させるので仮にウイルスが侵入してもそれ以上増殖せず、比較的症状も軽く済みます。