タミフルと筋肉痛と下痢について

インフルエンザに感染すると高熱や倦怠感、筋肉痛などの症状が出てしまうということですが、そのような症状が出てしまった時の対処方法をしっかり知っておくと良いでしょう。人間の身体はウイルスや細菌に感染すると体を守るため、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢などといった症状が出てしまうことがあります。鼻水は鼻の粘膜を守るために出るものですし、咳にはウイルスや細菌を外に吐き出すという役割があります。そして、腹痛による下痢も体の外にウイルスを排出するために起きてしまうことです。タミフルはインフルエンザウイルスに高い効果のある治療薬として知られており、インフルエンザのA型にもB型にも有効です。タミフルには熱が出る期間を短くするという効果があるのですが、それだけでなくインフルエンザの症状も軽くすることができると言われています。しかし、インフルエンザウイルスそのものを退治するわけではなく、ウイルスの増殖を抑えるための薬であり、効果を実感するためには48時間以内に服用する必要があります。タミフルには副作用が起きることもあるのですが、複数や下痢、嘔吐などの症状が多くなっています。特に乳児にタミフルを処方した場合、軟便や下痢、嘔吐、低体温などの症状が出てしまうこともあります。しかし、これらは軽い症状ですし、基本的にはすぐに治まるということです。未成年はタミフルを内服して24時間以内に異常行動が出てしまうこともあります。そこでタミフルを服用して24時間以内は異常行動の有無を観察することが大切であり、子供は一人にしないように注意しましょう。また、タミフルを内服して腹痛などの副作用が酷い場合、早めに病院に行くことが大切です。