インフルエンザ感染によるタミフル服用中の登園案内

タミフルは、2001年から処方・販売が開始された抗インフルエンザ薬で、インフルエンザに感染した際のウイルス増加を抑えるだけではなく、インフルエンザ予防にも使用されている薬です。
タミフルは、発売以来約3500万人が使用している薬で、インフルエンザA型、B型の両方に効果があります。ただ最近はタミフルに耐性のあるウイルスが発生し始めていあるため、その際はリレンザなど他の抗インフルエンザ薬を使用して治療を行います。

タミフルは、インフルエンザウイルスに直接作用してウイルスの増殖を抑えるため、症状が悪化するのを防ぎます。また感染前に服用することで、予防薬としての効果もあり、もし感染したとしても症状を軽度で抑える効果があります。
ウイルスの中でもインフルエンザウイルスは急激に増殖していくため、できるだけ早期に抑えることが重要です。そのため、発熱などの症状が現れてから48時間以内にタミフルを服用することで、効果を発揮します。
同じ抗インフルエンザ薬であるリレンザは、口から吸い込む吸引タイプの薬のため、小さい子供の場合服用ができません。一方タミフルは、子供用のドライシロップがあるので、幼少時でも服用しやすいというメリットがあります。

インフルエンザは感染力が強いため、登校や登園に際しては十分な配慮が必要となります。
そのためタミフルを代表とする抗インフルエンザ薬を使用した場合、発熱初日を第0日と数え、第5日までは有意な感染性が持続します。そのため、5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまでは出席停止という案内がされるはずです。
タミフルを服用すれば、発熱期間を1~2日に短縮することができ、症状を軽減することができますが、感染可能な期間を短縮するわけではないので、熱が下がっても十分に気をつけることが必要です。