インフルエンザが流行する時期はいつ?潜伏期間や症状

インフルエンザはインフルエンザウイルスにより感染する病気のことです。 流行の時期は毎年11月から12月に始まり翌年1月から3月にピークとなります。 感染経路は飛沫感染、接触感染があります。 インフルエンザの潜伏期間は非常に短いのが特徴で約2、3日です。 インフルエンザウイルスは大別するとA型、B型、C型の3種類があり、特にA型は他より強烈な症状がでます。

インフルエンザA型
A型の症状は38度を超える発熱、大変に強い喉の痛み、関節痛、筋肉痛、合併症としての肺炎、脳炎など重い症状です。
インフルエンザB型
B型は下痢やお腹の痛みがあり普通の風邪と似ています。
インフルエンザC型
C型は免疫を持っている大人には感染しにくく、幼児がかかることが多いものです。

インフルエンザウイルスは体内で形をどんどん変化してしまい、より病原性の強いウイルスになりますので、ワクチンが効かない可能性があります。 毎年、流行時期を予測してワクチンを製造していますが、違ったウイルスが流行すると途中で判明した場合には、ワクチンの製造が間に合わないことにもなります。 世界的に流行した場合、その地域の名を取り香港型、ソ連型などといいます。 最近の鳥インフルエンザや豚インフルエンザもA型です。 これは必ずしも、人から人への感染ではなく動物から人への感染が危惧されています。 また、世界的流行を引き起こし、その致死率が高いことでも恐ろしいものです。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路はまず、患者の粘液から口や鼻へ直接入ってしまうケース、くしゃみ、咳、つばなどからの飛沫を空気を介して吸い込んで感染するケース、患者との握手や感染物に接触することで手を通じて接触感染するケースに分けられます。 これらの感染を防止するには、繁華街など人混みへの外出や感染者の近くに長時間いることを避けること、マスクを正しく着用することや使用後速やかに廃棄すること、石鹸で手洗いを念入りにすること、手で口や目、鼻に触らないこと、換気をこまめに行うこと、ウイルスは湿度50%以上で急速に死滅するので、空気を乾燥させないこと、うがいの励行、感染者の触れたものは消毒をすること、患者は個室に隔離することなどです。 くしゃみでは1度に多量の飛沫が発生します。 飛沫の大きさは大変小さいのですが、その一つでも感染を発生させます。 ウイルスは潜伏期間が2、3日で、感染した後のどや気管支、肺などで急速に増殖し、感染後2日にピークに達します。 また熱が引いても2日程度は他の人への感染の可能性があるので自宅待機など注意が必要です。 インフルエンザの患者は小児が約半数を占めるのに対し、志望者は高齢者が大部分です。