タミフルの効果と副作用について

タミフルは世界で2番目に開発された抗インフルエンザウイルス薬で、剤形をカプセルまたはドライシロップで作られています。
インフルエンザの治療薬として経口摂取できるものはこの1点のみで、他の治療薬では専用の吸入器などを扱うためタミフルは重宝されています。
有効成分はオセルタミビルで、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、ノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を持つインフルエンザA型およびB型に作用します。
インフルエンザウイルスは体内の細胞に侵入すると、自己複製を行い増殖を繰り返しますが、細胞から細胞に移動する際にはノイラミニダーゼを使用することになります。
タミフルはノイラミニダーゼを阻害するため、ウイルスは細胞間の移動ができず、増殖を繰り返すことができずにいずれ不活性化して大人しくなるという仕組みです。
ウイルス自体を退治する作用はありませんが、増殖を抑えることで症状を緩和して重症化を防ぐことができます。
インフルエンザは自然治癒することもありますが、タミフルを使用することでウイルスが全身に広がるのを抑えることができるため、完治までの時間を1~2日ほど短縮でき、自宅療養からの復帰を早めてくれる治療薬です。
ただし、ウイルスが全身に蔓延する前に服用することが重要で、症状が発生してから48時間がタイムリミットとされています。
タミフルの副作用は吐き気や腹痛、下痢などの胃腸症状で、稀に低体温になるという報告もあるため、体温が急激に下がった場合はかかりつけの医師に相談するようにしましょう。
過去にニュースで発表された異常行動については、10~20代の子どもに多いことから、通常はその年代に処方されることはありません。ただし、タミフルが必要と医師が判断すれば、親の監視付きで処方することもあります。

▼タミフルなどのインフルエンザ治療薬の紹介をしています
インフルエンザ 薬
▼新型インフルエンザにはタミフルよりリレンザがおすすめです
吸入だからリレンザは効く